プロフィール

京都リボンズハウス

Author:京都リボンズハウス
京都医療センター内NPO法人「キャンサーリボンズ」による「リボンズハウス」のブログです。
がん患者さんの「治療と生活」を
つなぐための情報の提供を目指して
います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示

日経ヘルス2015年6月号より(『がんになっても妊娠したい』を応援する体制広がる)

京都医療センター内リボンズハウスでは、数種類の雑誌を購読
しています。
その中の一つ、『日経ヘルス』からの記事からの抜粋です。
2015年6月号に、「がんになっても妊娠したい」を支援する体制が広がる
というタイトルの記事がありました。がんの治療法に加え、生殖医療技術も
進歩してきていることから、患者が希望すれば、可能な限り将来の妊娠を
支援する動きが広がりつつあるそうです。
厚生労働省の研究班も今年一月に若年者や小児がんの患者向け
サイトを開設しています。
以下に、将来妊娠を望むがん患者に役立つ情報
として、日経ヘルスに掲載されていたサイトや書籍を紹介します。

・妊よう性(妊娠可能性)温存について相談できる
 医療機関リスト
日本がん・生殖医療研究会のサイト

・「小児・若年がんと妊娠」サイト
厚労省の研究班が解説した若年者のがん、小児がんの患者向けの情報

・患者向け冊子「乳がん治療にあたり将来の出産をご希望の患者さんへ」
乳がん患者向けに分かりやすく、がんの治療や妊娠への景況を解説

・乳がん患者の妊娠出産と生殖医療に関する診療の手引き2014年度版(金原出版)
→医療者向けですが、主治医と治療法を相談する際に役立てている
患者さんもおられるとのことです。


◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇


京都リボンズハウスのブログでは、
これからも役立つ情報を発信していきます。



「NHKハートネットTV シリーズがんサバイバーの時代」のご紹介

「がんサバイバー」という言葉があります。
これは、「がん=死」というイメージが強かった時代を超え、
医療の進歩などにより、治療後これまでより生きられる期間が延び、
がんになっても自分らしく生きていくことを大事にする考え方に伴い
できた言葉です。
最近では、がんと診断を受けた瞬間から「がんサバイバー」である、と
いう考え方や、患者本人だけでなく、患者を支える周囲の人も含めて
「がんサバイバー」だと定義づけをしている団体もあるのだそうです。
日本人の2人に1人は「がん」になり、3人に1人は「がん」で亡くなる時代―――。
がんに“なった”人と“なっていない”人を分けるのではなく、
共に生きていく仲間として考える時代の今だからこそ、
様々なことを考えるきっかけとなる番組ではないでしょうか。

a0002_009107.jpg


今回NHKで放送される「がんサバイバーの時代」
は、2013年9月本放送されたもののアンコール放送となります。
第一回目の放送は「自分らしく生きる」は、2014年2月3日(月)に
放送されましたが、10日(月)に再放送もありますので、是非
チェックしてみてください。

(Eテレ)
第1回 自分らしく今を生きる(→こちら)
→本放送:2月3日(月)、再放送:2月10日(月)

第2回 がんを抱えて“働く”(→こちら)
→本放送:2月4日(火)、再放送:2月11日(火)

第3回 人生を生き切るために(→こちら)
→本放送:2月5日(水)、再放送:2月12日(水)

第4回 反響編 みなさんの声にこたえて①(→こちら)
→本放送:2月6日(木)、再放送:2月13日(木)

第5回 反響編 みなさんの声にこたえて②(→こちら)
→本放送:9月24日(火)、再放送:10月1日(火)


NHK「がんサバイバーの時代」ブログはこちらから


◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇


京都リボンズハウスのブログでは、
これからも役立つ情報を発信していきます。

テーマ: 情報番組
ジャンル: テレビ・ラジオ

思春期のこどもに親ががん患者であることを伝える冊子

京都リボンズハウスで配布している冊子のご紹介です。

「だれも分かってくれない!」
~思春期の子どもにとって、親ががんの患者であるとういこと~


家族ががんになったことを、市思春期のこどもに
「いつ、どのようなことを、どのように」説明すれば
良いのかは、伝えるほうにとって、非常に悩むテーマではないかと
思います。この冊子では、思春期の親へのアドバイスや情報の提供を盛り込んだ
内容となっています。

daremo.jpg

誰しもが大人になる段階で通ってきた思春期の時期ですが、
だからといって、自分がどういう心の状態であったかを、
的確に表現したり、理解することは容易ではありません。
冊子を読み進めると、思春期の子どもの状態が、よくわかります。

思春期の子どもが感じていることや恐れを、無理やり話させないように
することも、子どものサポートになる…。


そういった内容にははっとさせられました。


この冊子はネットでも閲覧できます。
電子ブック版

ダウンロード版

是非ご利用ください。


◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇


京都リボンズハウスのブログでは、
これからも役立つ情報を発信していきます。

テーマ: 心と身体
ジャンル: 心と身体

マンガでわかる乳がんと家族「乳がんと遺伝の話」

リボンズハウスでは、役立つ冊子を色々と配布しています。
その中から今日は、マンガで『乳がんと遺伝の話』について説明した
冊子をご紹介します。

manga.jpg

内容は、お母さんが乳がんにかかり、遺伝性乳がんかどうかを娘が調べると
いう内容になっており、遺伝子カウンセラーの紹介などもされています。
文章にイラストを加えることで、分かりやすい内容になっています。

manga2.jpg

この冊子のうち、第二話のほうを京都リボンズハウスでお配りしていますが、ネット上で閲覧もできるようです。
(以下をクリックしてください。)
    ↓
第一話(お母さんが乳がんになってしまったら)
    ↓
第二話(乳がんと遺伝の話)

画面左の(次のページ)のボタンをクリックすると、ページがすすみます。
ぜひご利用ください。

※冊子は好評の場合、京都リボンズハウスにある在庫がなくなってしまう
場合があります。ご了承ください。


◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇


京都リボンズハウスのブログでは、
これからも役立つ情報を発信していきます。

テーマ: 心と身体
ジャンル: 心と身体

リボンズハウス通信

リボンズハウス通信Vol.10が発行されました。
今回の内容は、
「朗読で元気をつなぐプロジェクト」
「各地のリボンズハウスの活動」
「図書館連携プロジェクト」
などとなっています。
また、季節の健康レシピは鶏肉の黒酢煮の作り方が紹介されています。


131030_1155~001


ご入り用のかたは、リボンズハウス内の化学療法室入口付近の本棚の
上からお取り頂くか、スタッフにお声掛けください。
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
訪問者数
QRコード
QR