プロフィール

京都リボンズハウス

Author:京都リボンズハウス
京都医療センター内NPO法人「キャンサーリボンズ」による「リボンズハウス」のブログです。
がん患者さんの「治療と生活」を
つなぐための情報の提供を目指して
います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示

2015年がんささえあいの日のイベント報告(京都タオル帽子の会)

こちらのブログでも何度もご案内させていただいていた
「がんささえあいの日」のイベントが、無事6月17日に終了いたしました。
「がんささえあいの日」とは、がん患者やその家族を支援するNPO法人
キャンサーリボンズにより、
“社会全体でがんのことを考え、お互いに支えあう日”
とされています。実際は6月21日ですが、京都医療センターでは、
毎年この日の近くにイベントを行っています。

イベントでは、がん患者さんやその家族、イベントを知って参加しに
来てくださった方など、のべ116名の方に参加していただきました。
また、主催者側としては、リボンズハウスやスタッフを中心に、
ボランティア団体や企業の参加をいただきました。
その中でも今回は、京都タオル帽子の会のご参加について
報告させていただきます。

京都タオル帽子の会は、いつもリボンズハウスに、がんの治療で脱毛された
方のためのタオル帽子をご提供していただいています。
優しいさわり心地で、しめつけることもないため、かぶりやすい
と大変好評です。その京都タオル帽子の会の方に今回イベントに来ていただき、
タオル帽子の作成会を開催していただきました。

CIMG0252convert_convert_20150717113655.jpg
(皆さんそれぞれに、こだわりの帽子を作っておられます。
楽しそうな笑い声も聞かれ、印象的でした。)

4名のボランティアの方の指導のもと、本当にたくさんの方が来られ、
楽しそうに賑やかに作業しておられる雰囲気はとても印象的でした。
せっかくの機会なので多くの人に来ていただけたら、と思っていましたが、
正直こんなにたくさんの方が来られるとは想像しておらず、
ボランティアの方も「びっくりした。」と笑顔で話してくださいました。
でもそれは、そのくらいこの帽子を必要とし、良いものだと
実感しておられる方がたくさんいらっしゃる証拠なのでは
ないかと思います。


以前、リボンズハウスにあるタオル帽子をお持ち帰りいただいた
方から、きれいなタオルをたくさん寄付していただきました。

KIMG0896.jpg

今回そのタオルもイベントで使っていただいたのですが、そのうち
の一枚を、ボランティアの方がサンプル用に作ってくださいました。
裁ちばさみでサクサクと切りすすめられ、私(リボンズハウススタッフ)も
途中イベントに忙しく仕事をしており、はっと気づけばもう帽子が
出来上がっていました。裁縫の苦手な私にとっては、手品の
ようにしか見えませんでした・・・。

P1070229_convert_20150717110324.jpg
(模様も合うように作られています。まさにプロ級の仕事!
 帽子だけに脱帽です・・・。)

また、リボンズハウスに持ってきていただいていた帽子が
数少ないことを知られ、後日、たくさんのタオル帽子を
送っていただきました。

P1070218_convert_20150717111059.jpg

箱をあけると一つ一つ丁寧に造られた帽子がたくさん入っており、
ここにつまったお気持ちの大きさに、感激し、感謝の気持ちが
ますます強くなりました。
必要とされる方に、大切に使っていただけるように、
リボンズハウスでもお届けしていきたいと思います。
京都タオル帽子の会の皆様、本当にありがとうございました。

なお、京都タオル帽子の会では、いくつかの病院で、サロン形式で
お話をしながら帽子を作る会なども定期的に行われています。
また、ご寄附や今回紹介させていただいたタオルの提供なども
会の運営に必要とされているものですので、よろしければ
京都タオル帽子の会のホームページjでご確認ください。
また、タオルの提供などは、京都医療センターリボンズハウスでも
受け付けております。


◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇


京都リボンズハウスのブログでは、
これからも役立つイベントの企画や情報を発信していきます。

関連記事

コメント:

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
訪問者数
QRコード
QR