プロフィール

京都リボンズハウス

Author:京都リボンズハウス
京都医療センター内NPO法人「キャンサーリボンズ」による「リボンズハウス」のブログです。
がん患者さんの「治療と生活」を
つなぐための情報の提供を目指して
います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示

化学療法中のまつ毛・まゆ毛の脱毛について

化学療法の治療における副作用には、髪の脱毛の
他に、眉毛やまつ毛の脱毛があります。
ここ、リボンズハウスでも、
「髪の脱毛は知っていたけど、まつ毛や眉毛が抜けて驚いた。」
「目の印象がかわる、」
「ホコリが目に入りやすくなったと」
いう声が届いています。

め

国立がん研究センターアピアランス支援センター
が行った抗がん剤治療による副作用の苦痛度を調べた調査(2009年)
によると、女性においては
1位 頭髪の脱毛
6位 まつ毛の脱毛
8位 眉毛の脱毛
となっています。
実は、髪もまつ毛も眉毛も、成長期と休止期という時期を
繰り返しており、抗がん剤治療の時期と、成長期が重なって
しまうと、抗がん剤の影響を受け脱毛してしまうことがあるようです。
髪は成長期が約5年、休止期が約3か月。
まつ毛、まゆ毛は成長期が3~4か月、休止期が5~6か月
となっており、髪は90%くらいが成長期にあたるため、抗がん剤の
副作用を受けやすくなっているようです。

こういった対処法としては、つけまつ毛を利用したり、まゆ毛に関して
は、毛が施されたまゆ毛シールなども販売されています。
医療用絆創膏の接着剤をを使用した比較的安心な接着剤などが
販売されているお店などもあるようで、リボンズハウスに置いて
ある通販カタログにも、そういった商品がありましたので、
必要な際はぜひお声掛けください。

また、製薬メーカーから、睫毛貧毛症(=まつ毛が不十分、
物足りないと感じる疾患)に対する治療薬も販売されており、
抗がん剤治療後の方に使用した際も、約8割の人に有効性
が認められたものもあるようですが、こちらは医療用医薬品
となるため、処方を受けてからの使用となります。また、保険適用
ではないため、自由診療となっているようです。こちらの医薬品
については、リボンズハウスにパンフレットが置いてありますので、
お声掛けください。

近年、患者さんのQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)
を向上させる取り組みが重要だと考えられてきています。
治療により生じる副作用を、仕方のないことだと放置するのでは
なく、積極的にコントロールし、治療を受けている方がその人らしく、
できるだけこれまでの生活と同じように暮らしていけるための
支援の輪も広がってきています。リボンズハウスでも、
今後、こういった情報を出来る限りお伝えしていければと
思っています。

◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇


京都リボンズハウスのブログでは、
これからも役立つ情報を発信していきます。


関連記事

コメント:

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
訪問者数
QRコード
QR