プロフィール

京都リボンズハウス

Author:京都リボンズハウス
京都医療センター内NPO法人「キャンサーリボンズ」による「リボンズハウス」のブログです。
がん患者さんの「治療と生活」を
つなぐための情報の提供を目指して
います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示

雑誌「PINK」を参考に運動をしよう

「運動をしなさいと先生に言われました。
 良い運動はありますか?」


といったお問い合わせを何度かいただいた
ことがあります。


女性のからだ情報誌「PINK」には、軽い運動の仕方が
色々と説明されています。

ウォーキング


たとえば2013年春号(P21)では、ウォーキングの仕方に
ついて分かりやすくかかれています。
「歩く」というあまりにも日常的な動作ですが、少し見直すと
奥の深いウォーキング、しかも運動にもなるようです。
①足首を動かす
 足首を動かすことですねやふくらはぎも使うことができる
 ようです。大切なのは足の動きを妨げない靴をはくことだ
 そうです。

②足裏を感じよう 様々な感覚をキャッチする「感覚受容器」が足裏にはたくさん
 あるそうです。それを意識し、足裏に意識を向けるためには、
 着地してから足裏全体が地面について、拇指球、親指から
 けり出していくのを意識することが大切だそうです。

③姿勢は腹筋から
 姿勢よくと言われると、ついしてしまうのが胸をはってしまうこと。
 しかし、胸を張ることで腰をそりすぎ、痛めてしまうこともあるそう。
 胸ではなく、腹筋を意識し、力をいれることで、腹筋を鍛え、ケガの
 防止につながるのだそうです。



また、2013年夏号(P17)には、ウォーキングのこつや、
健康的なウォーキングのための秘訣が色々と書いてあります。
たとえば、歩く30分前にコップ1杯の水を飲み、歩くときも
水分補給を心がけることや、ヴァリエーション豊かな
コースを選んだり、歩き方のスピードを速めたり遅めたり
することで、心血管の健康やカロリー消費に役立つこと
などがあげられています。

雨上がりの少し涼しい日や、夕暮れ時など、無理のない範囲で
少し運動を日常に加えてみるのも良いかもしれません。
健康に心配のある方は、主治医に相談してから行ってください。


また、女性のからだ情報誌「PINK」は、京都リボンズハウス内
にて無料配布しております。入口すぐ右横の棚にて展示していますので、
ご希望の方はお気軽にお声掛けください。


◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇


京都リボンズハウスのブログでは、
これからも役立つ情報を発信していきます。



関連記事

テーマ: 心と身体
ジャンル: 心と身体

コメント:

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
訪問者数
QRコード
QR