プロフィール

京都リボンズハウス

Author:京都リボンズハウス
京都医療センター内NPO法人「キャンサーリボンズ」による「リボンズハウス」のブログです。
がん患者さんの「治療と生活」を
つなぐための情報の提供を目指して
います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示

がん検診を受けない理由、47%「時間がないから?」

内閣府は16日、「がん対策に関する世論調査」結果を発表した。


がん検診を受けない理由(複数回答)は、「時間がない」(47.4%)が最も多く、
「がんと分かるのが怖い」(36.2%)が続いた。
厚生労働省の統計では、受診率は依然として2~3割にとどまっており、
同省は「調査結果を踏まえ、実態に即した対策を検討していく」としている。
 調査は1月17日から同27日まで全国の成人男女3000人を対象に
個別面接方式で実施した。有効回収率は62.8%だった。
 がん検診を受けない理由は、ほかに「経済的に負担」(35.4%)、
「健康に自信がある」(34.5%)など。がん検診を「受ける時間がない」
と答えた人を世代別に見ると、20代では68.0%に上った。
 
記事はこちら

この記事を見て、がん検診をうけない人は、時間がない人とと、
がんと分かるのが怖い人の大変で埋められているように思われるが、
実はこの設問、きちんと読むと少し意味合いが違ってきます。

『日本のがん検診の受診率は,
20-30%程度と低く留まっています。
あなたは,多くの方ががん検診を受けないのは
なぜだと思いますか。この中からあてはまるものを
いくつでもあげてください。』



と、これが本当の設問になってきます。
少しニュースで発表された内容と意味合いがかわって
くるのがおわかりだと思います。


世論調査の質問票


ただ、がん検診はもっと普及するべきだということは
周知の事実です。がん検診についてもっと知りたいかたは
是非こちらをどうぞ →がん検診について


さらに世論調査の項目では、以下のようなものもあります。
(以下抜粋)
また、がん治療などのため2週間に1度程度通院しながら働く環境が
日本社会で整っているか尋ねたところ、仕事との両立は不可能との回答が
計68・9%で可能の計26・1%を大きく上回った。

 厚生労働省の担当者は
「がん検診の受診率を上げる方策に調査結果を生かしたい」と強調。
「早期発見で治癒し、再び職業人として生活する人も増えている。
療養しながら就労が継続できる施策にも力を入れていきたい」と話している。

 未受診理由はほかに、「費用がかかり経済的にも負担になるから」(35・4%)、
「健康状態に自信があり、必要性を感じないから」(34・5%)、「心配なときはいつでも医療機関を受診できるから」(22・0%)などが多かった。

 政府に力を入れてほしい対策(複数回答)では「がん検診」(67・2%)、
「医療機関の整備」(54・2%)に次ぎ、50・0%が
「就労が困難になった際の相談・支援体制の整備」を挙げた。


働きながら治療が受けられる。
是非、そのような体制の整備が日本社会で整っていくことが望まれます。


◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇


京都リボンズハウスのブログでは、
これからも役立つ情報を発信していきます。

関連記事

コメント:

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
訪問者数
QRコード
QR