プロフィール

京都リボンズハウス

Author:京都リボンズハウス
京都医療センター内NPO法人「キャンサーリボンズ」による「リボンズハウス」のブログです。
がん患者さんの「治療と生活」を
つなぐための情報の提供を目指して
います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示

2012,12の後半の図書②

リボンズハウスの図書に新たに加わった書籍の紹介です。

・闘病記専門書店の店主が、がんになって考えたこと
 星野忠雄
・日本のお医者さんの研究
 森剛志 後藤励
・全身がん政治家
 与謝野馨
・ある日、妻が乳がんになった
 櫻井正太郎
・がん予防時代最低限必要なこと
 中谷一泰
・ミラクル免疫力をつけると、老けない
 白澤卓二
・がんペプチドワクチン療法
 中村裕輔監修


この中の『全身がん政治家』は、政治家の
与謝野馨氏によって書かれた著書です。
初めてのがん告知は39歳のとき。
それから35年の間に4つのがん、3度の再発
を乗り越えてこられたそうです。
がんセンターに30年以上かかってきた貴重な体験を
国立がんセンターに勤務する100人以上の医師の前で
話した闘病体験がきっかけで、その体験を自分のもの
だけにするのはもったいない、と後押しされてこの著書を
執筆するに至ったそうです。
現在73歳の与謝野氏の、30年以上がつめこまれた一冊と
なっています。
関連記事

コメント:

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
訪問者数
QRコード
QR