プロフィール

京都リボンズハウス

Author:京都リボンズハウス
京都医療センター内NPO法人「キャンサーリボンズ」による「リボンズハウス」のブログです。
がん患者さんの「治療と生活」を
つなぐための情報の提供を目指して
います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示

京都タオル帽子の会からタオル帽子が届きました!

京都タオル帽子の会からタオル帽子が届きました!

KIMG2138_convert_20160921113243.jpg

箱をあけると一つ一つ丁寧に包装されたタオル帽子がきれいに
並んで入れられおり、その一つ一つにサイズを書いて頂いていました。
『大きめ』『ふつう』と2サイズあり、男性のかたや、少しゆったりとかぶりたい
女性向きの仕様になっているようです。

美しいタオルで一つ一つ手作りで作られたタオル帽子は、世界にたった
一つのオリジナルです。箱の中はお花畑のようにも見えました。

このタオル帽子の会では、タオル帽子を一緒に作ってくださる方や、
帽子にできそうなタオルの寄付もつのっておられます。
以前、当センターのリボンズハウスで、タオル帽子を受け取られた
方が、
『是非また必要な方のために作ってもらいたいから。』
といって、家であまっていたといって、タオルを寄付してくださいました。
でもそのタオルは、お店で購入、きれいに包装されたままのものでした。
タオルを持ってきてくださった方のお気持ちも感じ取れるような
温かさを感じました。

少し先になりますが、11月に京都医療センターのイベントの中で、
タオル帽子の会の方に参加いただき、タオル帽子作成会が
行われます。毎回たくさんの方がイベントの中でタオル帽子を
作成して帰られます。詳しくは後日、お知らせしますが、
11月の最後の金曜あたりが、今のところ予定されています。

京都タオル帽子の会についての記事はこちらから。
過去のイベントについてや、会の詳細について書かせていただいています。

心をこめて作っていただいたタオル帽子が、必要とされるかたへと渡る、
かけはしとなるように、京都リボンズハウスはこれからも活動をお手伝い
していければと思っています。
いつも素晴らしい帽子を作ってくださっている京都タオル帽子の会の皆さん、
直接作ったものを渡してくださる方、タオルを寄付してくださる方、
本当にありがとうございます!!

◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇


京都リボンズハウスのブログは、役立つ情報やお知らせなどを
紹介するもので、特定の団体や企業の活動を支援するものでは
ありませんので、ご理解のほどよろしくお願いします。

京都リボンズハウスでは、これからも役立つ情報を発信していきます。


テーマ: 京都
ジャンル: 地域情報

ちあぱい♪のご紹介

ここ、京都医療センターリボンズハウスは、リボンズハウスご利用者に様々な情報を提供
したり、お話を聞いて思いを共有することで、次の一歩を進みだされる時間を共に
過ごさせていただく場所となりつつあります。その一方で、リボンズハウスご利用者
の方々から、色々な情報を教えていただくことも多く、こういった皆さんのおかげで、
リボンズハウスがさらなる情報発信の場として成長し続けているのを
日々実感しています。

今日はそんなご利用者さまから紹介していただいた、
乳がん体験者のためのコミュニティサイトチアウーマン(Cheer Woman)
と、そのサイトの会員の方が中心となって作られているちあぱい(=手術や治療をうけられた乳がんの患者さんでのための、
編みもので作られたお胸)のご紹介をさせていただきます。

まずは乳がん体験者のためのコミュニティサイトチアウーマン(Cheer Woman)ですが、
こちらでは
①仲間が見つかる!
②役立つ情報が満載!
③乳がんLifeを記録できる!
の三つをコンセプトとしたサイトだそうです。仕事や家事、育児などとの両立やウィッグ
との上手なつきあいかたや、健康法などの情報を共有したりするほか、身近な人だから
こそ話せない悩みなどを打ち明けたりアドバイスしあったり、実際に会って楽しい時間を
過ごされることもあるそうです。手術の前後に、チアウーマンの仲間から励まされ、不安
な気持ちを乗り越えられる方も多いそうで、そういった話を聞かせていただいていると、
人と人とのつながりがもたらしてくれる温かさと、力強さを感じて胸があつくなる
思いでした。

また、このチアウーマンの中で、ちあぱい♪(=手術や治療をうけられた
乳がんの患者さんのための、編みもので作られたお胸)
を作る活動をされている会があり、今回実物を見せていたくことが
できましたので、そちらのご紹介と作り方のサイトについても
ご紹介させていただきます。

このちあぱい♪は、編み物で作られたお胸のことですが、もとはアメリカの
Knitted knockersという団体が作っているものが
元になっているそうです。
Knitted Knockersとは、『編み物で出来た女性の胸』という意味になるようで、
HPの内容を抜粋すると、従来の人工乳房は、値段が高く、重くて汗をかきやすかったり、
使い心地が悪いものが多いことに加え、専用のブラジャーが必要になる場合も
ありますが、
(ちなみに、最近の人工乳房は、まだまだ高価ではありますが、専門家や職人の
技術改良が加えられ、より自然に、より使い心地の良いものが増えてきている
ことを付け加えさせていただきます。)
ニット製の胸は、軽くて使い心地も良いそうです。それをより繊細に
日本人向きに改良したものがちあぱい♪なのです。

チアパイトリミング
実際に見せてもらいました。とても華やかで、編み目が美しく、さわり心地が
とても良くて、ずっと触っていたい感触でした・・・。

チアパイ花
お花で乳首の部分をあらわしてあります。編み手のかたによって様々な
配慮や嬉しいこだわりが見られるのにお気持ちが込められているのを感じました。

KIMG2050.jpg
部分的にお胸の形を美しく再現するために特別に作られたちあぱい♪です。
編み手の方と受け取る方が、思いや希望を本音で話し合い、アイディアを加えて
形になった力作です。

チアパイ包装
希望者のかたへこのお胸が届くアメリカの団体の活動ほどは
まだまだ大きくない日本のちあぱい♪の活動ですが、編み図などは
公開されており、これをもとにご自身用に作成したり、周囲で必要としている
方のために作ったり広めたりして、この活動がさらなる広がりを見せてくれることを
期待しておられます。

また、アメリカの“Knitted Knockers”のホームページでも、
Japanese patterns(=日本の編み図)として、
紹介されています。→Japanese patterns

チアウーマンのサイトから、交流を深めて作り方を聞くことも
可能ではないでしょうか。
乳がん体験者のためのコミュニティサイトチアウーマン(Cheer Woman)

乳がん体験者のためのチアウーマン(Cheer Woman)スタッフブログ

なお、京都医療センターのリボンズハウスでは、見本のちあぱい♪をお預かり
させて頂いています。実際に感触などをお試しになりたいかたは、スタッフまで
お声掛け下さい。

この活動が広がっていくのはこれからです。
たくさんのかたに、優しくて温かみのあるちあぱい♪
を知ってもらえることを願っています。

◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇◆◇◆◇+◆◇


京都リボンズハウスのブログは、役立つ情報やお知らせなどを
紹介するもので、特定の団体や企業の活動を支援するものでは
ありませんので、ご理解のほどよろしくお願いします。

京都リボンズハウスでは、これからも役立つ情報を発信していきます。


カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
訪問者数
QRコード
QR